いいお店があるときけば西へ、
美味しい物があるときけば東へ、
楽しいところがあるときけば南へ北へ。
風の吹くまま気の向くまま。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
開催しま〜すっ!
 
毎日毎日暑いですねっ

おっとご挨拶遅れました。
お久ブリでございます

何をしていたか?
元気にしておりましたよっ

さてさて
来る8/3 14:00〜
いのぶ実家駐車場にて
ちなみに実家は高槻でございます。
以下なるものを開催しますっ!



出展作品







価格は¥100〜¥1,500程度を予定しております。


漸く
夢実現第一歩となりました。
今後は所々で開催しようかと思っております。
日々作陶しオリジナルの作品をどんどん紹介したいと思っております。
自宅でも開催できればい〜なぁ〜

では!

ブログのアップもがんばらないとねぇ〜 

00:07 陶芸 comments(1)
カメの速度でも前進あるのみ
 
お久しぶり過ぎてすみません。

日々何をしているかというと、

窯購入しましたぁ〜〜!
そして明日にでも初窯を入れますっ!

いやぁ〜〜自分で言うのもなんだが長い道のりだわ
何せ優柔不断のうえにナマケモノときているからね。

初窯の食器には馬を対象にして書くと演技がいいんだそう。
左馬(ひだりうま)と呼ばれているのだが
左馬、つまり、『うま』→『まう』 舞う

舞い上がれぇ〜ってことらしい。

ちなみに少ないけど明日焼く予定の子達



カメの速度だが、前進前進♪

01:50 陶芸 comments(4)
新作できたよ。
 
とってもご無沙汰でした。

新作できましたぁ〜

これは丁度一年前に形成して
1年色々あって
ようやく焼きあがった。
なのでとっても思い入れの強い作品になった。

今回は自分で釉薬かけもし、
窯詰もさせてもらった。

近々自分の窯で焼きたいが
あともう少し、もう少しがんばる。



アロマポット

こういう作品を自分の主体としてやっていきたいな。

口に出すと夢はかなうらしいから宣言してみたよ
01:53 陶芸 comments(6)
1歩踏み出すには勇気がいる
 
未だ悩みの渦の中に。。

そう今頭を完全に支配しているのは

『窯』

今ある設備でやるか
今後を見越してより大きなものを買うか。
そうなると
設備的にかなり多くの障害がある。


そもそも15年陶芸をやっているが
成形は勉強したが

釉薬・焼成は全く知らない。

初心者と同じである。

やっていけるだろうか?

1歩踏み出すには勇気がいる。

今日友から連絡があった。
大きく背中を押してもらった。

1歩踏み出す時には
回りの力ってとっても勇気が出る。

前向き前向きに

いつものように

『どうにかなるさ』でやっちゃうか?
01:03 陶芸 comments(2)
思い立った時が始め時
 
いのぶです。
ご存じですね。

さて、ちょっと語ろうかと。
女性の平均年齢85歳?位?
それを考えるといのぶそろそろ人生の半分を生きた。
平均年齢が85歳なだけで
もしかしたら60歳かもしれない。
そう考えると、残り20歳となる。
思い起こしても、20年なんてあっという間だったわよ。
そしたら、いろんなことをやるには

時間がないぞっ!

ちゅぅ〜ことで、おうち陶芸スタートしたよ

まずは形づける


一晩熟成。いや、乾燥


削り


ハンドル付
今回はカフェボールだからちょっとした
指とめにした


この後の工程はまだ先生にお願いするのだけれど
ちなみに、素焼き→釉薬かけ→本焼き

今年中には窯も購入し、自分でやってみようかと思う。


話は戻るのだが、
思い立ったが吉日とはいうが、
少々大変でも思い切ってやってみることに
これからはしようと思う。
なぜなら時間がないんだよ!

といってもいのぶ
平均寿命以上は生きちゃうわよぉ〜〜〜

目標 おばあちゃん陶芸人
23:32 陶芸 comments(6)
うちのサンタさんからのプレゼント
 
本日、うちに大きなプレゼントが



いよいよです。


そして、先生から新築祝いにと



素敵な釉薬の大きな鉢二つ

うちの相方さんとってもすごい作品に
「おいおい、い〜のか?ちょっとは遠慮しなっ」
とビックリ

すみません、遠慮なくいただいちゃいました
ありがとうございまっす

そしてそして
お家のことでとってもお世話になった
方々からこれまたうれしいプレゼントも



家の中に緑があるって心がきれいになるの。
これまた

なんだか色々な温かい気持ちに
心いっぱいになっちゃいました。

22:59 陶芸 comments(6)
できたどぉ〜
 
本日フリーデー。
先生から
『焼きあがったよ』メールをいただいてから
見たくて見たくて。
そして本日、取りに行ってきました

作品1



ネイリストの友にプレゼントの
筆置き。
これは先生も
『面白いね』とお褒めの一言 

作品2



もう少し黄色部分を出したかったが
なにぶん、いのぶが釉薬かけをしたので・・・。
でも、自分では気に入ってるんだぁ〜

相方さんも、待っていたコーヒーカップ。
ちょっと色がお気に召さなかったようで・・・
そりゃないだろっ!

作品3



藍色で絵を書いてみました。
同じ絵柄なのでそろえで使えるかなぁ〜。
小鉢と中鉢です

作品4



作品3のシリーズのお皿。
ケーキや和菓子いろいろ使っちゃお

作品5



ランプ。
卓上サイズだからいろいろなところに置けて楽しめそう。
今回ランプは3個作ったんだけど、うち2つは白
これは薄いグリーン。
これまた良い色です。
実は小さな穴が釉薬でふたされて
明かりを入れたら光の強弱で出てより面白くなりそう。

ちなみにちょっと灯りをいれてみた


後は、電気系統をやって完成
プレゼントする予定なんだけど、気に入ってもらえるかなぁ〜。

今回は自分で釉薬かけしたりして
い〜勉強になりました。

うん、次回はもっと、あ〜しよっっと
22:22 陶芸 comments(2)
うれしいことが続いた日
 
金曜日、陶芸の日。
実は先週体調をくずしてお休みしていた。
なので2週間ぶり。

やっぱり陶芸好きだ、としみじみ実感。
土をさわっている感覚、
何かをつくっいる空間、
これがあるから日々自分をコントロールできてる?
ような気がする。

本日の成果



ランプ2作目成形完成。
後は、素焼き→釉薬かけ→本焼き→電気系統(相方さんにお願い)で
完成するのだっ
楽しみだわ

そして、お茶の時間。
実は陶芸の時、休憩時間ってのがあって
先生がおいしいコーヒーをいれてくださるんだけど
その時いろいろな話をするんだけれど
今日
『先生!実は明日、誕生日なんですぅ〜』っていってみた

すると、帰りがけに
『これっ』っと

これぇーーーーー!!


  ザ・プロの技

やっぱすごいね、この気品。

とっても

そして心のいのぶが、
『言ってみるものだ』といっていた。


家帰って
晩御飯の時、
相方さんが

『これっ』
っと、手渡してくれたのが

 

ひゃぁぁぁ〜〜〜〜

ときめいたじゃない

皆さんに 
00:35 陶芸 comments(8)
必要とされること
 
金曜日、陶芸の日。
用事があって外出中の先生。
いのぶと先生の愛犬『はる』とともにお留守番。

以前から先生が姿を消すと、たちまちソワソワする『はる』
私が呼ぶと、しっぽをふって応答してくれるけれど
どこか落ち着かない、ってことよくあるんだけど

今日はドアの前できちんとお座りして待ってるんだ。
どれくらい待つのだろうと、
『はる、先生もう少ししたら帰るから』といってあげると
首をこちらに向けてニコッと(してるような気がするんだ)
するけれど、動くことはない。
しばらくしてまだだと思うと、とぼとぼといのぶの近くに来て座る。
するとまた歩いてドアのところへ行き、お座りする。
どうやら遠くで聞こえる車の音を聞いて
帰ってくると思い迎えに行っているようだ。
それを先生が帰ってくるまで何度も何度も繰り返す。

これほど自分を必要としてもらえるって、
物凄く力をもらえるなと思った。
その行動はまっすぐで
何の計算もまがった気持ちもない。
ただ、待つ、待ち続ける。
犬って、すごいね。



この光景を、みて
とっても温かい気持ちになった。

この子がはるちゃん


かい犬の女の子。
とっても賢いんだよ。
そしてべっぴんさん
いつもこの子に会えるのが楽しみなのだ。


で、そうそう、本日の作品



ランプになるんだ。
友達から、お母さんがランプ欲しいってことで。

何点か作るので選んでもらおうと思ってる。
釉薬はどんなにしようかなぁ〜。

友よ、いましばしお待ちくださいませ。

23:43 陶芸 comments(2)
考える
 
金曜日。
陶芸の日。

先生とはお茶の時間にいろいろな話をする。
とても興味深く、自分の今までの考えや
ものの見方を変えたりする。
非常に面白い。

で、今回面白いと思ったのは
『きらい』についてだ。

先生は自分の嫌いなもの、こと、人を
正直に『嫌い』という。
良い悪いは別として
こんなにもストレートに言えるのは
すごい勇気がいることだと思う。

正直に人を『きらい』と言えるか?

私は『no』である。
それは、自分がい〜人でいたいからだ。
『嫌い』ということによって
自分も悪い人間になるのが怖い。

ただ、まぁあまり人を嫌いになることはないが
そういう場合は好きではないという。

そして先生は
『嫌い』といっても
『色々なことを考えるんだ』
という。
つまり、
なぜ嫌いなのか?
どんなところが嫌いなのか?
どうやったら嫌いにならないのか?

相手のことをいろいろな方向から
考えるということは
その相手に対して非常に『真摯』である。
そうおもうと、
適当に『好き』ということよりも
相手への誠意がみられるようなきがする。

思うに、
『好き』がよいとか、
『嫌い』が悪いのではなく
相手に対していろいろ考える
ってことが大切なんだろう。

話はつきないので、
そうそう、今回の成果


ちょっと褒められた。
どんどん頑張ろう。




20:45 陶芸 comments(0)
1/2PAGES >>

管理者ページ