いいお店があるときけば西へ、
美味しい物があるときけば東へ、
楽しいところがあるときけば南へ北へ。
風の吹くまま気の向くまま。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
運動会
そうそう、先週。
甥っ子君、中2と小6が地区の運動会でリレーに出るってので、
オババカいのぶさっそく行ってみた。

いのぶの『運動会』のイメージは・・・
正直よくない。
学生の頃はいかに走らずに終われるか。
そして団体競技大好き
だった。

グラウンドに到着し、
いの姉に
『どう?』ってきくやいなや
『缶釣り、いってきや』

と、

あれよあれよと
気づけばスタート地点に立っていた。
もちろんこの競技、大人が出るんだけど、
みんなどれくらい本気なんだ??
な、なんか緊張するじゃないのっ!
なんて思っていたら
『ヨーイ!ドン!』
と同時に

み、みんなマジなんですけど・・・

なんとか釣れて・・・
5位
ビリではなかったが
ま、こんなもんですわ。

その後、いの姉と
『ボール合わせ』を出て
見事ビリ

で、団体競技は張り切って玉入れを。

知ってました?
玉入れって結構体力いるんだよ
あれ、スクワットなんだよ。
45秒間。最後の15秒は足フラフラでした。

で、メインの甥っ子君達がでる
地区対抗リレー

甥っ子君二人とも素晴らしい走りで、
そしてアンカーの猛烈な追い上げで
見事、

1位
なんだかわかんないけど、最後は知らない人同士で
みんなで大喜びの拍手喝采。
団結したっって感じですよ。
素晴らしい!

いや〜、運動会ってこんなに楽しいものだったんですねっ!
こんなにみんなで団結できるものなんですねっ!
実に、楽しかった!

最後の後片付けもしっかり手伝って。
あぁ〜たのしかったねぇ〜。
来年もがんばっちゃおうっ!
なぁ〜んて思って
ふと。

いのぶ地区人じゃないんだったよ

22:02 オバばか日記 comments(3)
ハプニングだらけの初スキー

週末、
甥っ子君5年生がいのぶの家にやってきた。
今回のミッションは

 『スキーを滑ろう』
である。

土曜朝早く起き、出発。
ずぅ〜っと積もらなかった雪が
今日に限って積もった。

雪かき後漸く出発。
走る事15分。
夜久野辺りから道路凍結。
進むほど、アイスバーンはひどくなり、
さすがの新品冬用タイヤも
カーブではなんだかツルンと。
速度を心持緩め、漸く八鹿辺り。
渋滞。
仕方なく抜け道へ。
辺りは30センチは積もってるだろう雪景色。
田んぼ道や山添を走るのだが、
坂道の途中で登りきれない車。
入り込んだ道には
大きな溝にはまった車を発見。
車を降り、声をかけた。
連れのもう一台の車が
ロープで引っ張りあげていたのだが
大きく傾いた車は、動きそうに無い。
『手伝いましょうか』と声をかけたが
『大丈夫です、最悪JAF呼びますから』とのこと。
いのぶ達も十分注意して走る。
ほんとに凄い日に来たものだと
いまさら思う。

いつもならとっくに着いているのだが、
今日はそうもいかず、
凍りついた道に急な坂。
助手席で思わずお尻をあげたよ。
ま、意味無いけどね。
気持ちだよ。(*´艸`)

そんなこんなで漸く到着。
甥っ子君にスキー板を履かす。
が、装着のしかたをすっかり忘れてしまって。
あ〜でもない、こ〜でもないと、
格闘15分。
半分諦めたその時、
カチッとはまった。
どうやら前後逆だったようだ。

なんだか、ここまでで結構
疲れたんですけど・・・
でもせっかくの甥っ子君の初スキー、
楽しくいきたいからね、そんな空気は出しませんよ(*´艸`)

平坦な場所で
『ハの時でとまるからね。』
と簡単な教えのあと
『さぁ〜リフトのろう』と相方さん。
いやいや、大丈夫か??

リフトには無事乗れた。
『ちゃんと降りれるかなぁ〜』と不安げな甥っ子君。
いのぶも不安であったが、
『大丈夫大丈夫!』
『着いたら足下ろしてハの字、そのまままっすぐ進んだらい〜から』
と、自分だったらぜぇ〜ったい、やだね、こんな説明だけじゃ(*´艸`)

すると、難なく教えの通りにやってみせた甥っ子君。

天才やね。
(おばばかご了承ください)

リフト下りた後、少し急なくだりが待っていた。
いのぶちょっと不安になったが、
またまた
『大丈夫大丈夫、ハの字でゆっくり下りれるよ』
なんとも無責任な説明である。(*´艸`)

甥っ子君ハの字でゆっくりと進み
最初のターンで・・・

やっぱりこけた
が、なんか変。
みると
げっ!?』
スキー靴が大破してしまった。

さぁ〜どうしようか。
雪は容赦なく降ってくる。
甥っ子君を背負って滑り降りるか?
今や大きくなった甥っ子君。
かなり厳しい。
歩いて下りるか??
ぜぇ〜ったい、無理っ!

すると甥っ子君
『リフトでおりれば??』

『あぁ〜

その後を簡単に説明すると
リフトで甥っ子&いのぶ、滑って相方さん
レンタルスキーへ行きブーツを借り、
また同じリフトでのぼり

なんだかここまでで
物凄く

『疲れたわっ!!』

その間も雪はやむことはなく、
時折物凄い雪風で前が見えなくなったり。
どうもこの甥っ子君5年生といのぶ達には
ハプニングはかかせないようだ
大雪と、風。
こりゃ吹雪いているといってよいだろう。
普通家に閉じこもるよ、これじゃぁ。

でも甥っ子君がんばって。
どんどん自ら進んで滑っていく。
リフトで転ぶことはなく、
ちょっと急な坂はさすがに怖いと言ったが、
それでも何度も滑る。

しかし、初めてでこんなに滑れるなんて

天才やね
(おばばかだから

いやぁ〜最初はどうなることかと
色々な面で不安になったり苦労したけど
こんなにがんばって滑っている甥っ子君をみたら

『来て良かったナァ~』
ってつくづく思っちゃった。

相方さんと甥っ子君が
ならんでリフトに乗っている姿を
後ろから見て、
感慨深かった。


で、甥っ子君の姿。
甥っ子君初滑り

なかなか様になってるっしょ(*´艸`)

楽しかったね。
また行こうね。

ミッション、コンプリート
てか?
17:25 オバばか日記 comments(2)
つ、つい、熱くなっちゃって
 
そうそう、3連休。
甥っ子君5年生またまたいのぶ家へやってきた。
今回は、前回と違って(ちなみに前回→クリックしてね
特にミッションはなく、

『楽しくテニスしよぉ〜!』『温泉にはいろぉ〜!』
ってことになっている。

で、早速テニスコートへ

さほど暑くなく、太陽もほとんど雲に隠れているので
テニスをするには最高だ

ちなみに、なぜテニスか?

甥っ子君4年生からテニスを習い始め
最近は結構上達したらしい(本人いわく)
ってことで、お手並み拝見。
をすることにした。

で、早速コートへ。
まずは軽くラリーから。
なるほど、確かにかなり上達している。
球も速いっ
こりゃ来年は歯が立たないな。

そしてサーブとレシーブ。

サーブは背が低いのでなかなかつらいようだ。
すると、なんだか胸の奥が・・・。
ちょっと熱くなり・・・。

『サーブが入らないときは、いつもより打点をたかくしてみな』
『トスは肩の上でまっすぐ、いつもより高くあげてみな』
『ボレーをするときは面は相手に向ける』

なんてことに。
で、甥っ子君だんだん面白くなくなってきたのか
いのぶの説明を聞いているような聞いていないような。
フラフラし始めて

『もっとしゃきっとするっ!』

なんてことに・・・。

今思えば、
テーマ『楽しくテニスをしよう』
が、
完全に
『テニス部、ファイッ!』になってしまった。

そう、いのぶ一応高校は軟式テニス部。
毎日真っ黒になりながらグランドを走っていた。
その血が・・・。
騒いだようだ・・・。

ご、ごめんね

のんびり行こうぜ
01:11 オバばか日記 comments(2)
夏休みの思い出 〜お見送り編
 
甥っ子君と2泊3日の夏休みが終わり
今日バイバイとなる。

今回は初めて甥っ子君一人で電車にのって帰る。
この2泊3日のある意味最大のテーマだ。

特急に乗って1時間半。京都でいのぶの姉(甥っ子君の母)がホームで待っている。
乗換は無いけれど、なにせ初めての電車に初めてみる景色ばかり。
不安でいっぱいだろう。
正直いのぶも心配ではあるが、ここは甥っ子君にがんばってもらう。

『はじめてのおつかい』ならぬ、『はじめての特急』♪

今回の甥っ子君の任務
・お茶を持っていくこと
・電車に乗る前にトイレにいくこと
・電車の中では車掌さんに切符を見せること
・終点まで席をうごかない(トイレは除く)
・京都で母に会えない場合、すぐ動くのではなくしばらくはホームで待っていること
・それでも会えない場合は公衆電話で母に連絡すること
・知らない人には絶対ついていかない
・わからない事があった場合は子供をつれたおばさんに聞くこと
である。

それに対してのいのぶのフォローは
・お茶、テレフォンカード、携帯番号のメモを持たせること
・予定の特急に乗せること

車で甥っ子君と駅まで行き切符を買う。
平日の午前11時。
いのぶの知る限りでは電車はガラガラで
指定なんてとる必要ない!と思っていた。

駅に着くとなにやらいつもと違う空気が。
でもとにかく急いで切符を買ってトイレに行かせて
ホームの自由席の場所まで行って
電車内のトイレのある車両に乗せるということに
いっぱいいっぱいで。

切符を取るのもやたらと時間がかかり
どんどん予定時間が近づく。
お茶をもたせトイレに行かせ、ホームへ上がる。
トイレのある自由席の場所に並ぶ。
甥っ子君の任務を何度も言い聞かせていると
『○○時○○分発特急タンゴディスカバリーがまもなく到着します』
とアナウンスが。

お別れはちょっとさびしい。
でも別れを言う余裕も無く
今のいのぶには無事に京都へ送ることで精一杯で。

電車がホームに入ってきて停まった
唖然とした。
いつもガラガラの席が、人で一杯になっている。
その瞬間からいのぶはパニックに陥った。
というより少しずついつもと違う何かを感じ
すでにパニックだったようだ。
とりあえず一緒に車内に入り前に行くよう促す
だが席は空いてそうにない。
これ以上いのぶは一緒に車内にいることはできないので
とにかく車両から降りて窓ごしに甥っ子君と会話する。

前にいって空いてる席をと指で示す。
甥っ子君が前に進むが指で×と示す。
今度は後ろに行きなさいと指で示す。
甥っ子君が後ろの車両へ人をかきわけ行く
また指で×と示す。
空いているドアからいのぶ
『とにかく指定席の空いている所に座りなさい!
車掌さんがきたら渡した千円を差し出しなさい!』
甥っ子君指定席車両に行くとなんとか一つ空いていた。
『そこに座ってなさい。千円出すのよ』と指と目で合図し、
ドアが閉まり電車が動き出した。

とにかく予定の電車には乗せた。
すぐにいのぶの姉(甥っ子君の母)に電話する
『今、4両編成の後ろから2両目に乗せたよ。
自由席が一杯で空いている指定席にのせたよ』と早口に。
いのぶ姉
『でもその指定席後で乗ってきた人がとってたらどうするの?』
と聞かれ。

っ!!


その後はただ時間が過ぎるのを1分1分時計と睨めっこし、
ただ甥っ子君がその電車に乗って京都に無事に着くことを祈った。

『居ても立ってもいられない』とはこういうものかとまさに実感した。


その後いのぶ姉と何度かメールのやりとりをして
ようやく京都到着時刻がきた。
母との感動の再会を考えても姉からの連絡が来ない。

それでもしばらく待ち、こちらから電話をしようかと思った瞬間
電話が鳴った。
『やっと会えたわ』と。

その後の甥っ子君。
いのぶの街の駅の次の駅で
おじさんが指定席券を持ってやってきた。
仕方が無く甥っ子君は席を立ち、自由席に向かった。
その後3駅。1時間半近く、自由席は空くことは無く
ようやく降りる駅の一つ前の駅で座れた。
京都駅でホームにいるはずの母はいなかった
だが言われた通りホームで待った。

その後の姉。
京都で予定の電車が到着し大勢の人にビックリ。
甥っ子君を見失わないように目を凝らすがかなり厳しい。
4両編成だった車両は6両となっていた。
どうやらどこかで結合されたようだ。
ということはいのぶの伝えた後ろから2番目の車両は??
急いで車両に入って車掌さんに
『小学校5年生の男の子をみかけなかったか?』と聞いたという。
『さぁ〜わかりませんねぇ〜』と
で、ふと目をホームに移すと甥っ子君らしき人影を目の端にとらえた。
『あの方では?』と車掌。
急いで車両から出てかけよる。

漸く甥っ子君との再会となった。

渡したお茶は手をつけずにいたようだ。
駅に着いて母に会い、がぶがぶとお茶を飲んだ。

人がいっぱいの車両に
お茶の入った重たいリュックを背負い
1時間半近く一人立っていた姿を想像し、
なんとも言えない感情が湧き出た。

甥っ子君と姉に『ごめんね』と告げた。

甥っ子君『大丈夫だったよ』と平気なフリをしたようだった。
姉は『まぁ〜これでい〜経験できて成長したんちゃう?』と。

『ごめんね』



甥っ子君、姉、相方さん、いのぶそれぞれが
色々な思いをした2泊3日だった。



今また思い出しふぅ〜っと一息空を見上げた。
そろそろ秋を予感させた。


23:49 オバばか日記 comments(6)
夏休みの思い出 〜釣り編
 
次の日の昼。
車を走らせ、『舞鶴親海釣り園』へ。
アジをサビキで釣る。
以前はその場所にエサを売っていたのに
どうやらなくなったようで、
相方さん一人で近くのエサ屋さんへ。
甥っ子君1人でとりあえずエサなしで釣ってみる。

『釣れるわけないよねぇ~。』
と、甥っ子君サビキの竿を垂らす。
『ん??』
『うわっ!なんかぴくぴくする』
っと竿をあげてみると

なんということでしょぉ〜

コイノボリ状態。

6つある針に4匹。
ちいさなアジがピチピチと。

いのぶ急いで針からはずし甥っ子君再び竿を下ろす。
すると
また『うわっ!』と3匹。
またまた『うわっ!』と2匹。
4匹、3匹、2匹と・・・。
エサ無しなんだけど・・・

相方さんがエサをかって帰ってきた頃には
20匹は釣れていた。

エサなしでも良かったんじゃない?(*´艸`)

その後はエサを入れてこれまた二人で
コイノボリ状態



でもふと回りをみてみると
どうやらいのぶ達だけがこんな状態のようだ。

針の大きさ、糸を垂らす深さがピッタリだったようだ。

もうこれ以上食べれないよってことでSTOP
早速家に帰り

相方さんが魚のしたごしらえ

『あぁ〜しんどいっ!』って
だって結局ちいさいのばかり80匹くらいつったんだもん。
こりゃ大変だ


いのぶが唐揚げをあげて


全て完食。
アジ骨まるごとおいしくいただきました
アジに

甥っ子君、また行こうね!
11:19 オバばか日記 comments(2)
夏休みの思い出 〜花火編
 
お盆終盤。
甥っ子君5年生がいのぶ家にやってきた。

今回の予定は花火 & 釣り


自転車2台、一人RUNでよく見える場所へ

 

あの音と迫力に甥っ子君ちょっと怖い?
目の前にあがった花火の時は耳をふさいじゃって。
まぁ〜私も子供のころは怖かったかナァ。

いまでは、あの体の芯まで届く振動と
音が届く前の波動(風圧?)がなきゃ『花火じゃねぇ〜』ってか。
年をとると結構なんでも大丈夫になるのはなんでだろうねぇ〜(*´艸`)

で、いつも悩むのが帰り時。
これで終わりか?
って何度も思うんだけど、ちょっとまってみると
また『ひゅぅ〜』と始まる。
『あぁ〜帰らなくってよかった』って思うのだ。

で、かなりの連続打ち上げがあり、大きな花火が目の前で数発あがったあと
静まり返った。
『もうこれでおわりだよねぇ〜』って3人立ちあがり堤防を降りた。
『まさか今あがったりしてぇ〜』
なんて笑いながらしゃべっていたら背後で

『ひゅぅ〜〜〜〜』

『えっ?!』 まだだったのっ

どうやらフィナーレだったようで
あがるはあがるは。
ドンドンひゅぅひゅぅ
そりゃぁ〜もうこれまでの一番花火だよ

ふっ、来年はもう少し辛抱して待とうか。




甥っ子君との夏休みまだまだつづくよっ!
21:41 オバばか日記 comments(0)
ガッカリのち、うれし
 
相方さんが、甥っ子くんちのにビデオとマイクをセットしてくれた。

で、skypeすることとなった。
skypeってのはインターネットを通してビデオ通話できるものなんだ。
で、最近の日課となったのが、甥っ子君とskypeすることだ

毎日9時半になると、『ぷぅ〜ぷ〜ぅ』とパソコンがなる。
で、応答すると、甥っ子君の元気な顔がパソコン画面一面に広がる。
で、『今日は何してたのぉ~』から始まって
『風呂はいったのぉ〜』なんて話ながら。

で、このskypeではネットゲームもできる。
最近の相方さんといのぶのお気に入りは『チェス』だ。
はっきりいって、やりかた知らないんだけどね。
まぁ、将棋に似てるだろうってことで始めた。

甥っ子君5年生とチェスをする。
オババカないのぶだが、勝負に関しては真剣!
これがモットー。

で、始める。
相方さんのを見ていたからなんとなく動き方とかはわかる。
将棋の角のような動きをするものや飛車のようなのもある。
慎重にコマを動かし相手のスキを見て一気に飛車や角を打ち込もう!
と、思い桂馬を動かしたその瞬間

『やったぁ〜!』と喜ぶ声と顔がっ

いのぶのスキをどうやら攻められた 

完全に・・・負けちまった


ふっ、甥っ子5年生よ、強くなったな
今日は・・・、ここまでに・・・、しておいてやろう

しばらくショックないのぶであった
23:05 オバばか日記 comments(9)
何でつる?
 
至上最大、最強の体重からなんとか抜け出せたいのぶです。
しかし油断は大敵で、あっという間に戻りはりますから、
日々の努力ということで、
只今通勤しております。
いつまで続くかわかりませんが・・。

そうそう最近週末になると『いの姉』に連絡して
『今週末のご予定はぁ〜?』
と聞いている。
相方さんと2人で遊ぶのも良いが、
やっぱり大勢だともっと楽しいからねぇ
で、今回も聞いてみた。

すると
『甥っ子中1が試験やねん』とな。
そ〜ですか、そ〜ですかぁ〜。
学期試験なんて・・・。
あのオムツ小僧が
なんてなんでも感動してしまう
相変わらずのおばばか(*´艸`)
で、あえなく一緒に遊ぼう計画を断念・・。

でもちょっとさびしいので
メールしてみた。
『全教科85点以上とったらチャラチャラ財布買ってあげるわねぇ〜』と。
すると
『財布のためにがんばるわぁ〜、取ったら今度一緒に買いに行こうぉ〜』とな。
これまた

『一緒に買いに行こう〜』って。
うれしいじゃないのっ!

そろそろ一緒に歩くのも嫌がるだろうお年頃。
でも、いのぶは負けない!
いつまでもくっついて、ついていってやるんだっ!

で、そうそうなんでチャラチャラ財布かというと、
姉が
『中1ったら最近財布ほしいって。で、どんなんかっていったら、
な〜んかチャラチャラついた財布やねん。友達が持ってるかららしいわぁ〜』って

そ〜なの、そ〜なの、そ〜なのねぇ〜。
もうそんなお年頃なのねぇ〜。
なーんて、また

つくづくホントに『おばばか』だわ
18:19 オバばか日記 comments(5)
ラストスパート!!
JUGEMテーマ:日記・一般

去年に引き続き甥っ子君6年生と4年生が
3キロのマラソンに参加するらしい。

そんなことを聞いてはジッとしていられないのよっ!
応援せねばっ!

なんせオババカですから。
「応援来てねっ!」
なんて言われなくってもいっちゃうんだからっ!!

で、早速へ大会会場へ

会場にはたくさんのランナーがアップをしたりストレッチしたり。
野球のユニホームを着た子や、サッカーチームの子や
大人や、女性や、男性や
あらゆる人たちで熱気は最高潮。

甥っ子君達、は5−6年の部と3−4年の部にそれぞれわかれていて
数分の差で出発する。

スタートの瞬間も逃さずビデオビデオと
撮るんだけど・・・。
どこにいるやらわからないわっ(^_^;)

なので帰ってくるところをキャッチ。

で、撮れたのがこれ。

まずは甥っ子君6年生


ラストスパートです!
ちなみに目標は10位以内と。
果たして結果はいかにっ?!

そして数分後に甥っ子君4年生
これまたラストスパートです!



二人ともいつになくしんどそう。
こんな顔はなかなか見れない。

がんばっている姿が・・・・
オババカないのぶにとって、
感動ですっつД`)・゚・。・゚゚・*:.


結果発表!!

甥っ子君6年生
なんと!!
304人中 9位の好成績!!
そして目標の10位以内も見事クリア!!
素晴らしいっ!ほんとに素晴らしいっ!!
がんばったねっ!つД`)・゚・。・゚゚・*:.

甥っ子君4年生
277人中 38位のこれまた好成績。
去年よりも1分もタイムが早くなって。
がんばったねっ!
ホントよくがんばったっ!! つД`)・゚・。・゚゚・*:.

いのぶは

感動したっ!!
01:38 オバばか日記 comments(2)
ナカトミノカマタリって覚えてます??
JUGEMテーマ:日記・一般
 
先日いのぶ実家でのことなんだけど。

甥っ子君のパパ、
つまりいのぶのギリ兄ちゃんが

『最近三国志にハマッテてぇ〜』と
『そういえば、映画もあるねぇ』といのぶ。
『でもすごいよな、180年のことだもんなぁ』
『180年かぁ〜』と、いのぶ。
そして考えた。
『なんと(710)美しい平城京』よりずっと前なんやぁ〜』といのぶ。

『大化の改新よりも前だよなぁ』と、ギリ兄ちゃん

『大化の改新って何やったっけ??』と、いのぶ。

すると甥っ子君6年生が

えっとなぁ〜、ならったで』とな。

まぁ〜、大化の改新って言葉を甥っ子君の口からでるなんて!

大きくなったんだナァ~なんてシミジミいのぶは思ったさ

で、そうそう。

『えっとなぁ〜、中大兄皇子となぁ〜、あの人が、蘇我入鹿をなぁやっつけてんで』
『えっとなぁ〜、あの人・・・』


『そうや!


『中臣(なかとみの)・・・』

かたまりやっ!』

(中臣鎌足もニガ笑いや)



さすが、いのぶの甥っ子である。v( ̄∇ ̄)ニヤッ
22:53 オバばか日記 comments(2)
1/3PAGES >>